夫婦の会話で、夫婦仲を深めるコツ

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

みなさん、こんにちは。

『幸せな家族』を創りたい“父親”のための

 【一家の大黒柱養成コーチ】赤井 泰斗です。

 

今日は、

『夫婦の会話で、夫婦仲を深めるコツ』

についてお話しします。

私は、プライベートとビジネスでキッチリ切替えをするほうです。

仕事モードのまま家に帰ってきた時、妻はすぐにわかるそうです。

そして、妻は極力私に絡まないようにして家庭モードになるのを
待つそうです。

仕事モードの私と会話をしても「仕方がない」と言われました。
仕方がない? なぜでしょうか?

 

 

今日は「夫婦の会話」についてお話しをしますが、
この夫婦の会話、少し意識しておかないと、
夫婦の距離が離れてしまうきっかけになるので要注意です。

夫婦の会話

 

■夫婦の会話が家族の一日を作る

夫婦の会話こそが、お互いの知らない部分を補いあい、
「夫婦の共通言語」を増やす大事な役目を果たします。

妻が一日何をやっていたのか。
あなたが、会社でどんなことをしていたのか。

細かく話す必要はありませんが、
トピックスくらいは共有したいですよね。

 

■妻(女性)とあなた(男性)では、話をする目的が違う。

女性と男性では、話をすることのそもそもの「目的」が違うって、
ことを知っていましたか?

私はそれを知る(意識する)前、
妻が話かけてきたのに、私が返答したら、
そこで会話が終わる(途切れる)ということが
多かったのを覚えています。

それはなぜだったのでしょうか。

そのポイントは1つ
・男は「要件を伝えるため」に話をする。
・女は「感情を伝えるため」に話をする。
からです。

 

■妻が求めているのは「共感」

妻が悩みを相談してきた時、あなたは何と返事をしますか?

「ああ、それはこうすれば、良いんだよ」
「隣の山田さんが詳しいから明日聞いてみたら」
「それは、幼稚園の先生に相談した方が良いじゃない」

なんて返事をしていませんか?

妻は、悩みの「解決策」が聞きたくて相談しているのでは、
無いことが多いのです。

妻は

「それは、大変だったね。大丈夫?」とか
「そんなことがあったんだ、悲しいね。」とか、
「そのとき、どう思った?」

といった感情にフォーカスした返事を求めています。

 

そう、妻は「感情」を伝えているため、共感を求めているんです。

「感情」を聞いて、「共感」する。

それが、夫婦の会話で愛情を深めるコツなのです。

 

そう、私が仕事モードの時は、「共感0」で
「それならこう」と“即判断”の返事になっているから、
「仕方がない」そうです。

 

 

 

1日3分で簡単に家族が幸せになる! 家族を幸せにする習慣をつくる 幸せ家族構築 メール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事